自撮りのコツを掴んで自分をイケメン化

自撮り

昨今の若者たちの間では自撮りというのが流行っている。
地鶏ではなく自撮りである。ここは間違ってはいけない。
もともと自分の顔写真を撮るのは若い女の子が多かったが最近では男の子もそういう傾向が強い。

 

ブサイクでも自撮りのコツをマスターすればモテる

イケメンというのは今も昔も変わらずモテてている。ブサイクより容姿が優れているイケメンと付き合いたいと思うのは若い女性なら当然の事だろう。

 

しかしブサイクだからと言って諦めるのはまだ早い。なぜなら今流行りの「自撮り」を使いこなせればどんなブサイクでも一瞬でイケメンになれるからという事だ。

 

さて自撮りというのはスマホに内蔵されているカメラを使い自分を撮影するのだが、ただ自分を撮影してはい終わりではブサイクのままで終わってしまう。

 

自撮りを上手に撮影する方法

上手に撮影するコツを3つ紹介しよう。
1・逆光になるところでは撮影はしない。
2・カメラのレンズを自分に向けて撮影はしない。
3・視線はカメラに向けてはならない。

 

まず1について、逆光になる場所で撮影すると当然だが顔まで暗くなってしまう。

 

暗くなるとほうれい線のシワや目のたるみなどが余計目立ってしまうから気をつけよう。

 

撮るなら太陽や部屋のライトを顔に当ててとる方が顔のキレイに映るのでオススメ。カメラのフラッシュを使うのも1つの手だ。

 

2についてはレンズを自分に向けて撮影するとどアップの自分の顔が画面いっぱいになってしまい、見る人に不快を与えてしまうからNGである。

 

鏡ごしに上半身が映るようにシャッターを押すのが絶対にいい。顔は少し遠めにある方がブサイクが強調されないからオススメだ。

 

最後の3についてはカメラ目線だとナルシストやキザな男に見えてしまい勘違いイケメンのレッテルを貼られる事になりかねないからご法度である。

 

もちろん撮影する時は洋服のコーディネートや髪型にも気を使う事が大事なのは変わらない。

 

写真を加工するアプリを使ってみよう

自撮り撮影を終えたら次は写真の加工である。ここで一工夫すれば顔写真のクオリティは更に上げられる。

 

アプリといっても美白アプリ・シワやシミを消すアプリ・顔の輪郭を細くするアプリ…様々なものがあるがここでは初心者にもとっつきやすい美白アプリを使用してみよう。

 

美白アプリならボタン1つで自分の顔を最適化してくれて更にカッコ良く見せてくれる。操作は簡単なので是非試して見て欲しい。

 

最後に、ブサイクでも自撮りや写真の加工1つでイケメンに仕上げる事は誰も簡単にデキるのでモテたいと思ってる人はすぐにでも実践してみよう。

 

イケメン化すれば興味ある女の子に振り向いてもらえるかもしれない。